シンアイなる七つ星へ

輝く七つ星に引かれて応援«エール»をドリカで示そうと奮闘する一人のオタ女の話。

ドリフェス! コンテンツ終了について思うこと

まさか自分が「これからファンが増えていくだろうから、そのためのプレゼン用ブログを作ろう」とした矢先にこんな事になるとは思ってもいませんでした。
自分がドリフェス!プロジェクトに1ファンとして参加したのは2016年3月辺りからで、アプリ配信前から少しずつ興味を持ち始めました。
あの時から及川慎くんに惹かれていて、同時にキャストである溝口さんも元々特撮作品で親しみのある方でしたので、そこからはズブズブとハマっていました。

課金方法により1番の売りどころであったリアルドリカとの連携を切らざるを得なくなったり、ドリカポーチやドリカ 開演side Bの販売中止、参加企業からBEAMSが消えたりとても雲行きが怪しかったのは否めません。それでも改善し、2年間運営出来たのですから当時のスタッフさんへの努力への感謝が尽きません。

私は一時期コンテンツから離れかけ、完全なアクティブユーザーではなかったのですが、ドリフェス!のアニメを見て再びコンテンツに飛び込みました。とても良い世界で、なんで少しでも気持ちが離れかけてたんだろうと、本当に今は悔やんでも悔やみきれなくて。

グッズが出た当初、近くのアニメイトに行っても全然取り扱いなくて、広い店内の中から頑張って探したり、一番カフェが嬉しくてアクリルスタンド揃っても追加購入したり。そのお店で缶バッチやラバストのクレーンゲームしたり、キャンペーンでドリカもらったりもしました。

年齢的な事もあって活動当初の池袋GPSイベやドリカお渡しには行けなくて、それでも気持ちだけは行ってるつもりだったし。
1stライブはCD先行に一般全てチケット全落ちして、譲渡探して行こうとしたりもしました。結果みんなチケット捌けてて行けなかったんですけど、その悔しさがあったから最後のツアーライブほぼ全て回る覚悟が出来たのかなと思います。

東京から始まり、大阪、名古屋、神奈川。九州は金銭面で行けなかったのですが、どれも素晴らしかった。
名古屋は名古屋行きのバスの予約間違えて、予約し直そうとしたら、席空いてないわ次の便はライブ間に合わないわで。初めて1人で新幹線のネット予約して会場に行きました。その苦労も相まって、より楽しかったように感じます。

東京タワーにたこ焼きに、コーヒーに7色の虹。どれも私の中での思い出です。会場で一体となって作る景色、本当に素敵でした。二階席から見たコーヒー、ほんとに綺麗だったし1階の最後列から見た虹は一生心に残ってます。

あの時の私は、終わるなんて思ってなかったし寒空の下であんなに沢山の人達が物販に並んでる姿を見て、まだ大丈夫人気なんだって続くんだって確信していました。今でも信じられなくて。
KUROFUNEモデルのペンラ出るって聞いた時はもう、だって、KUROFUNEだけのペンラですよ?これから先ファンミとかバトライ第2弾とかで圭吾くんや勇人くんのドリカを渡せるんですよ?もっと先のこと沢山考えてたんです。

アニメも周囲の方から評判良くて、別のコンテンツでの知り合いの方々からも全然その話はしたことなかったんですが、「乙女向けらしいけど、ドリフェス面白かったわ。2期も今(先行)配信見てる」と仰ってて。男性ももちろん作品として楽しめる良いアニメだったんです。

でも、やっぱり収益なんだろうと思います。CDやライブ円盤は結果を残していましたが、アプリのセルランやアニメの売上が決定打だったのではないかと。
あの時もっとお金出せてたら、推しがPUの時なんであそこで課金やめたんだろうとか、終わってしまったからこその後悔が沢山あります。
だって、5月頭で動く及川慎くんには会えないんですもん。まだまだこれから先があって、私たちファンもD-Fourの7人ももっと高くまで遠くまで連れて行ってあげたいし、連れて行って欲しかったんです。
もう新しいドリカも見られなくて、新しいライブも見られないその現実が私にとっては今1番辛いことです。

…なので、私は思うんです。やっぱり、最後は金かよってなるんですが、好きな作品はなるべく気持ちと一緒にお賽銭してあげてください。それが例えば石一個だったり回復系のアイテムだったり、様々な形があると思いますが、そのお賽銭一つで運営は変わるんです。
どんなに素敵な作品でも、商売である以上維持費より利益が上回らないと続きません。なので、もし、これを読んでいて別のジャンルやコンテンツがお好きな方は、少しでもその利益に一石を投じて欲しいです。

と、暗い話が多くなりましたが、ここからはアプリとコンテンツの今後の展開についてです。

ドリフェス!R アプリ今後の展開について
▫️課金出来るのは3月末まで
▫️課金アイテムについてはサービス終了まで使用可能
▫️2018年5月1日14:00以降はアプリ起動後一切のプレイ、ログインは不可

ドリフェス!展開まとめ
▫️2次元プロジェクト終了
▫️それに伴い3次元のDearDream&KUROFUNEも活動休止
▫️バトライ、1stライブツアーの円盤化
▫️DearDream2ndアルバム、KUROFUNE3rdシングル発売決定
▫️武道館ライブで終焉
▫️バンダイチャンネルにてドリフェス!Rの月1再放送が決定
▫️上記と共にドリフェス!研究室も再配信決定

DearDream2ndシングル、そして、1stライブツアー後に勇人くんが

あぁ、歌いてぇな。作るか、新しい曲。お前らのためによ
黒石勇人 on Twitter: "あぁ、歌いてぇな。作るか、新しい曲。お前らのためによ"
(ドリフェス!R キャラクターアカウント 黒石勇人 より引用)

と言ってくれたのを、ちゃんと叶えてくれました。私ずっと聞きたかったから、KUROFUNEの黒石勇人が作る歌、それを聞けて本当に幸せでした。

しかも今回それぞれのCDで全7人一人一人のソロ曲が入るそうです。最後の最後でこんなでかいプレゼント残されたら、どうやって恩返ししたらいいのかわからないです。

それに武道館ですよ。あんな大きなステージです。ひとつの区切りとして最高の舞台です。

でも、私はありがとうの数、笑顔の花にして返したいので。笑って最後を迎えたい。

このブログ書きながら既にまた泣き始めてて収集つかなくなってきているんですが、奏くんは皆を笑顔にするために頑張ってきてくれましたし、それは14人みんなそうです。だから私はそこ気持ちをしっかり受け止めて最後は笑ってみんなで良かったねって、そして、いつ帰ってきてもいいようにいつも応援を送る準備だけはしっかりとしていたいです。

多分後日気持ちの整理がついて落ち着いた頃、文面大きく書き直したり見やすく整頓したりするとは思いますが。
これが1人のファンとして、今のこの瞬間の純粋な気持ちです。

今までこのコンテンツを支えてくださったファンの皆さん、運営やレコーディング、振り付けにメイク、アニメやカメラにライブ…全てのスタッフに、そしてこんな私の2年間を幸せで楽しいもので満たしてくれたDearDream&KUROFUNEの14人に精一杯の感謝を込めて。

​───ありがとうございました

これからも新天地ではまだまだサイコーを、めざしていく7人。そして直接交わりはせずとも切磋琢磨するキャスト7人、またその道が交わる時まで。少しばかりのさよならです。
すぐ迎えに来るから、待っててね。