シンアイなる七つ星へ

輝く七つ星に引かれて応援«エール»をドリカで示そうと奮闘する一人のオタ女の話。

及川慎が私に見せた景色

ただのポエム!

いやポエムですらない、ひたすら私が及川慎の出会いと好きな所を書き込んでるだけの内容なので、興味ない人はブラウザバック!


一目見て衝撃だった。
過去に痛みを抱えたキャラが大好きな私にとって、更にクールまで付属されて、気付いたらアプリの事前登録してた。

アニメイトにドリカ貰いに行った。
「あー、及川くんのじゃなかったなぁ〜」と思ったけど、純哉くんもいつきくんも素敵なドリカ。

そしてそのままアニメイトの開演Aめちゃくそ回したね。別の日に無くなってたから近くの店血眼になって探してやっと引けた純哉くんのUR。超テンション高かった。

クレカとか持ってないから、リリース当時の課金は出来なくてiTunesとかGoogle経由ならカードコンビニで買えるのになぁって思ってた。だからリアルドリカで別の形でお金出せたのがすごく嬉しかった。

だから1番カフェとかいう人気ジャンルがめっちゃやってるやつにドリフェスがいて、嬉しくて一回で1万とか出てたな。ハート缶バッチとドリンクめっちゃ家にある。
ドリンクは最初全部注文してたけど、ドリンク券にできるってあとから知って、今も財布の中に消費できずに残ってるなぁ。

よく考えたらこの時から、ドリフェス!に対してお金を出すという感覚にハマってたのかもしれない。

課金がリアルドリカしかない上に、開演B、しかも及川慎と沢村千弦URが入ってる開演Bが、発売延期されたって2chで見て震えた。すっごく不安だった。やばい。だって推しのカード欲しくて回してるのに、その推しのトップレアが引けないかもって情報見て死ぬかと思った。

ドリカポーチも全員欲しいなぁって何となく予約しようとしてたら、予約キャンセルされたって話聞いてさらに震えた。

ゲームの中身は音ゲー下手くそだから、今考えたら優しすぎる難易度5のHARDがコンボB判定とかC判定ばっかでだったけど、曲好きだった。グロスト好きすぎたし、クールプリースト及川慎が死ぬほどツボだった。未だにガチャで引けてない。

アニメイトも近くの店舗は取り扱い数少なかったなぁ…。めっちゃキラキラしたSDの缶バッチ欲しかったけど、うちにはないですねって言われた時もやばかったな。缶バッチってアニオタの中でもかなり比重の高いものだって思ってるし、キーホルダーとアクリルバッチを買ってお布施したなぁ。ここに需要あるから入荷して、お願いって気持ちだった。
その時及川慎と千弦くんそれぞれ出てきて、ああここでちゃんと報われたなぁって勝手に浄化されて。

肝心な中身の方は、スタイルからして好きだった。私が物語に出てこない!すごい!って。

好きな話いっぱいある。
インストアイベで体調崩す及川の話とか。及川を画面から見守りながら、めっちゃハラハラした。だってこれ普通ならライブ中倒れるやつじゃんって思った。けど、及川慎はスゴいやつ!!だからライブは完璧にやり遂げた。
今見返せば、純哉くんが知ってて止めなかったのはシンメの時からの付き合いとして、及川慎の頑固さと負けず嫌いを理解していたからなのかなって思う。ありがとう、及川慎の気持ちを優先してくれて。

少しは周りに頼れよって、私も思った。だって折角そんなに心配してくれて、しかもいつきくんなんか超準備万端であれあります、これあります!って言ってくれてるのに大丈夫って言ってんだもん。
「大丈夫じゃねぇから倒れたんだろ!」と画面の前で叱責したけど、誰かに頼る誰かと近くなることに対してまだどこか負い目があったのかもしれないね。

最初はクール系っぽい面が出てたけど、詩を読み出したり、バイカル湖推し始めたしなんかよくわかんないけど天然なんだなって、事務所の推し方(キャラ紹介文)と本人のキャラが微妙に食い違ってるのがリアルで好きだった。
しかも、ファンとしていつまでも接してくれるの超好きだった。夢女子だけど、ゲーム内で直接触れ合うより自分の頭の中で理想のキャラ作って勝手にワイワイするのが好きだから、ぶっちゃけこの作品はあまりにも私の理想すぎた。
まさに理想郷(シャングリラ)光溢れてる…。

ちゃんと恋愛っぽい要素も絡めてくれた。サイコー超えてた及川慎のデートめっちゃ好き。好きすぎて毎日見てる。
私もお化け屋敷にジェットコースター嫌いだから、及川慎が彼女のために自分の苦手とするものを必死に抑えて頑張ってくれたのすごく好きだった。私だったら沈黙のAnswerしてる。
男の子がお化け屋敷苦手なのはちょっとってムリっしょ!コメ出てきた時、「お前は及川慎を知らないのか!あの怖がりでどこいくロケで怪談巡りした時、どんだけ無口になって純哉くんの服掴んでたと思うんだよ!こんなに頑張ってるとかイケてるっしょ!」って叫んでしまった。うん、だってあれはほんとにイケてた。

クリスマスは突然姉さん!って、訳分からないアドリブして割り込んでくるし。けど、「貴方には青色がやっぱり似合う」って言ってくれたの、マジでサンキュー。
イベントとかで推しの色の服着ていくけど、私よりもっと可愛い子が沢山いて、あー及川慎もこういうやつ好きだよなぁって思うことあったけど、青が似合うって褒めてくれたの嬉しかった(お前じゃねぇ)
シナリオの感じマフラー借りパクしてるっぽいし、どこかで返したいから続き作ってくれ。頼む。あと佐々木純哉↑↑↑のデート死ぬほど萌えた。個人的にはウブな奏くんもツボ。
それにゆっくり過ごすデートって好き。彼氏はいたけどすぐ別れたし、デートの経験ほとんどないけど、お互い何も話さなくても分かったり沈黙が嫌じゃないのって素敵な関係だと思う。

やっとイベント始まったけど、ここら辺からブランクあいて、しばらくログインすらしてなかったね。でもアニメで帰ってこれた。
アニメも及川慎が素敵だった。
1話とか「慎、使い方こいつに教えてやってくれ」「無理だろ」って会話のキャッチボール!してるけど!めっちゃ秒で返事したなおい!って思ってたらパパラッチされてて、次の話でえんがわになりたい???んん??と思ってたら及川慎ポエム進化させて作詞してて、めっちゃいい歌詞やんけ!って思ってたら女の話出てきて少しショック受けてた自分いた。即違うってなったけど、多分D-Fourのファンも実際雑誌とかネットニュースで記事見かけた時膝おったと思う。私も。
そしたらホントは圭吾くんに向けたやつだって知って安心した。あ、これが過去のいざこざなのねって。他人と関わるのが怖いのは、何も声をかけられなかった自分への後悔と、人との別れで傷付く怖さを知ってしまったからだったんだよね。
だからそもそも近付かなければ、友達を作らなければ離れても傷つかないって思ったんだよね。おばあちゃんはそういう子を沢山見てきたから分かるよ。

3話の2032で奏くんと顔見合わせるの最高だった。解釈は人によって変わるけど、それを会場でファンに伝えた及川の気持ち、私には全部わかんないしただの妄想だけど、それをいつか答え合わせしたいなって思ってる。

そんな及川慎みて、やっぱりもっと及川慎見てたいなって思って帰ってこれた。そこからはかなりやり込めたよ。

おばあちゃん、及川慎の事大好きなんだよ。孫ができるなんてこと、将来ないかもしれないのに、14人も可愛い孫ができた。アニメとアプリが反故なくて、こんなに綺麗に連携してて、アプリシナリオで出た小話がアニメでは大きく取り上げられて「そんな笑って話せることでもなかったでしょ〜!!」って思ったり。
あとはアシンメトリック・メモリーね。ほんとにあれは真剣にランキング1位とる気持ちでやってた。特効衣装取れずに時間削って何とか150位以内に入れた位だったのがすごく悔しい。もっかい記憶消してランキング走り直したい。
だってほんとに素敵だった。ルーキー最強シンメがアニメで歌って踊ってドラマ共演したあと、まさか及川慎視点で物語が進んでシンメの過去やるってさ!
やっぱりキャラクターを理解するにあたってある程度過去ってのは必要なファクターになると思う。
特に過去に何かあったって言うんだから、もちろんそこは必須科目になる。それを一つ一つリンクするように埋めていくって相当な神経がいると思う。
及川慎を構成するための時間を、まさにリアルな時間を使って年密に組み上げてくれたそのイベントに、私は涙を流してた。イベ開始直後がバイトだったからギリギリまで時間削って家の中で楽曲回して、「及川慎のエピソード最初に見るのは世界の中でも私だ!」って気持ちで回してた。それは佐々木純哉↑↑↑イベに引き継がれたけど。
ほんとに、ほんとに素敵だった。
及川慎がアイドルコースへ転向してから佐々木純哉と出会い、奏くんと出会うまでの時間がわからなくて、いつかみたいって夢を、ちゃんと及川慎は叶えてくれた。でも、やっぱりもらっちゃうとどんどん欲は出てくるから、まだまだ見たいシナリオあるし。

それに、及川慎と千弦くんと歌って欲しいし、桜色恋文浪漫!!!お前まだストーリー化してないだろ!!!あと!!WORLD END!!司祭!!お前も見たい!!

根本的な話したら、私の好きな衣装を文句一つもなく着こなして踊って歌ってくれるのが好きなの。アプリがなくなったら…私は及川慎にどうやって着せかえして踊ってもらうの?歌は聞けても踊りは無理だよ…。

及川慎の泣く顔も見たいし、1stライブイベみたいに昔みたいな笑い方する及川慎も見たい!!たまに及川慎に恋人みたい扱いされて、もっと幸せだって言いたい!!欲張りだから!!強欲で貪欲だから!!

ドリフェス!は夢を叶えてくれる、みんなで夢を叶えるコンテンツだ。…だから頼むから、今の私から及川慎を取らないでほしい。身勝手すぎるけど、まだ私には及川慎が必要だし心の中で生きてるってだけでは満足出来ない。

…大団円で終わったって言ってる人を見かけるけど、私はまだもっと、及川慎をDearDreamを、KUROFUNEをD-Fourプロダクションを、見たい。