シンアイなる七つ星へ

輝く七つ星に引かれて応援«エール»をドリカで示そうと奮闘する一人のオタ女の話。

ありがとう、ドリフェス!

終わってしまった。
二ヶ月前の私は、終わると知らされてからまだまだ猶予があると思い込んでいました。そこからガチャにお金出して、このお金で新しいドリフェスのアプリを出して欲しいと、今までの倍近い額を捻り出して頑張りました。

そこから完全無料アプリになって、また沢山ガチャを回して、それでもまだ揃わない衣装があって、及川慎のとつバクが終わって…。暫くアプリを触れませんでした。
他のとつバクを最後まで開けなきゃと思う反面、やっぱり最後という現実が迫ってきてそこから目を背けたい一心でした。

今日、最後にストーリーの録画をしようとして〔後に見返したら容量オーバーで保存ができなかったのと、途中からボイスが消えたものがありました〕、取り切った時14:00のお知らせが出ました。
あ、終わったんだと嫌でも見てしまったのと、これからどうしたらいいんだろうという迷い、色んな感情が一気に押し寄せて。

まだ私は終わった気がしなくて、ふらっとアプリを立ち上げて7人の「ドリフェス!R(アール)‼︎‼︎‼︎!」の声とともにサービス終了のお知らせが表示されて、そこでやっと終わったんだっけと我に還る繰り返しです。
武道館までまだイベントが待っているし、私は働くお兄さんの二期がすごく楽しみだし、またDearDreamとしての新曲が聴けるんだと思うと今まで聞いたことない新しいディアドリの側面が観れるんだと期待で胸が膨らんでいます。そらでもやっぱりこのドリフェスに魅力を感じたのも、戻ってこれたのも2次元の彼らがあってこそでした。
そんな彼らと、お別れになってしまうのはやっぱりどんなに時間が経っても悲しいですね。

次の武道館までの間、出来ればそれ以降も、彼らの新しい活躍の姿が見られる事を、私は心から願っています。
約2年間、運営が変わらず努力してくれたから、楽しくライブに行けました。ありがとうございました、お疲れ様です。

そしてまたいつか、彼らにまた会えますように。